地震で事故を起こした福島原発があります。この事は多くの人の関心を集めたと言えます。しかし、福島原発は地震以降の対応が重要だったと言えます。※福島原発には、第1と第2があります。今回の事故について言うと、第1になります。当時の様子をテレビで見ていた人も沢山いるのではないでしょうか。事故発生から数日間は、テレビで刻一刻と状況の報道がなされています。また、水素爆発をする福島原発の映像もあります。

この事故の原因究明と対策は、これからの課題と言えますね。(汗)。しかし、その手順に数年はかかると言います。(汗)。このようなことから原子力発電所の危険性を改めて認識させられることになりましたよね。直ぐに日本中の原発を停止する事は、現実的ではありませんよね。しかし、原子力に頼らない電力を考えていかなければならない事は明らかです。

いつでも電気があると言う事は、多くの人の努力がある事を忘れていたと言えます。まさに「なくなってわかる電気のありがたさ!!」ですよね。(苦笑)福島原発の事故処理については、「東京電力」や「政府」だけではありません。新しい電力のあり方を考えるものにならなければいけませんよね。